jlkkkkkkkkkkkkkkk

 

 ssssssssssss

これからお母さんになられる方へ(またはさらにお子さんが誕生されるお母さんへ)

 

歯周病早産、低体重児出産のリスクを高めます。

 

歯周病にかかっている部分から、毒素や炎症を引き起こす物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると、胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして、低体重児出産(2500g未満)や早産(37週未満)の確率が高くなることが明らかにされています

 
また、妊娠中は口の中の衛生状態が悪くなりがちなのに加え、女性ホルモンの血中濃度が高まります。
歯周病の原因菌のあるものは女性ホルモンを利用して増殖するため、歯肉の炎症がおきやすくなります。
 
歯科医院における妊婦歯科健診をしっかり受診し。
歯周病であればしっかり治療して。
 

元気な、赤ちゃんを産んでください。

dfdふぁふぁsdふぁsd

h3h3h3h3h3

h2h2h2h2h2h

 

h3h3h3h3h3h3h3h3h3h3